GLOSSARY

2015年ヴィンテージについて

2015年はブルゴーニュの偉大な赤ワインを誕生させるに相応しい、栽培条件に恵まれた年でした。

例年より10%も上回る豊富な日射量 、気温も4、6、7月は2℃、8~9月にかけては1℃と過去平均を上回っていました。

3月から安定して乾燥した気候が続き、特に7月には炎天下となって、未熟な小さなブドウ果が大きく膨らんでいく成長が阻まれました。

そのような状況下、8月に幾度か訪れた俄か雨は水分補給の絶好のチャンスとなり、ブドウがストレスを感じずにそのまま成熟の過程を辿ってくれましたが、私たちが期待する粒の大きさに達するにはこの雨は時期的に遅すぎたのです。

 

雨量の少ない気候条件が起因して全体的に収量は少なくなりましたが、乾燥した気候下で育ったブドウだからこそ、ワインは素晴らしく凝縮しています。

 

まるで非の打ち所の無い、健全でパーフェクトに熟したブドウ。そのような美しい果実から醸されたタンニンは、たっぷりと豊かなテクスチャに包まれています。

 

2015年のワインは、2005年、2010年の系列の酒質と考えられ、2000年代初頭の長熟性の高いヴィンテージにまた一つ比肩するものとなっています。

DOMAINE MICHEL GROS - 7 RUE DES COMMUNES - 21700 VOSNE ROMANEE - FRANCE