ドメーヌ・ミシェル・グロ、その歴史とワイン

クロ・デ・レアの唯一の造り手


ピエールとミシェル・グロ

ドメーヌ・ミシェル・グロは、コート・ド・ニュイの心臓部ヴォーヌ・ロマネ村に所在し、その起源は1830年、グロ家の一人がこの村に定住してドメーヌを構えたことに遡ります。

後継者たちは代々ブドウ畑の入手に勤め、現在の栽培面積は23ヘクタールに達します。

中でも貴重なのはヴォーヌ・ロマネ・プルミエクリュ《クロ・デ・レア》で、1860年にグロ家がこの畑を購入して以来、今日までずっと単独所有(モノポール)でワイン造りを続けています。

現在はピエール・グロがこの歴史あるヴィニュロンの家系の7代目当主となり、父ミシェルとともに先代たちから受け継いだ家業を発展させています。

情熱と厳しさをあわせ持つピエールは、ブドウ栽培から醸造、熟成、瓶詰めに至るまで、全ての段階を管理し、不断の注意をそそいでいます。

拘りを持ってワイン造りの粋に臨めば、その素晴らしさと未知への情熱を分かち合うことができる…。それがわたしたちの世業なのです。

Scroll Up